これからの浮気調査はGPS車両追跡装置ブラックボックス P‐1で 

 logo.jpg

gps追跡装置/発信機 販売 レンタル


株式会社プラウドエンタープライズ

総合調査プラウドリサーチテック

千葉県千葉県千葉市中央区登戸1-15-32

キャピタル登戸ビル6F

TEL:043-441-8810

FAX:043-441-8815

 MAIL:info@proud-no1.jp



1_20100203104957.jpg

10.jpg

 

 

RIMG0265.jpg          RIMG0264.jpg

女性でも簡単に取り付けできます。(強力マグネット標準装備) 

サイズ:100×65×35 車体の下(裏側)に装着いたしますので発見されにくいサイズです。

装着場所など付属のマニュアルで参照下さい。

パソコン設定も解りやすいマニュアル付ですので簡単に設定できます。

パソコン初心者の方も安心サポート。お気軽にお問い合わせ下さい!

企業様では、車両管理等でも多くご利用になられております。

 ブラックボックス P‐1は高感度GPSチップをを搭載。受信したGPS 信号からトラックデータを記録するGPS 装置です。GPS 装置にアンテナが組み込まれた本体はオールインワンかつ費用対効果に優れたGPS ソリューションを可能にします。

GPSレコーダーはあらかじめセットされた間隔で日時、速度、高度、位置情報を記録し正確な位置検出能力を提供します。

位置情報・日時・速度・高度で43,000ポイント、位置情報・日時・速度で64,000ポイント
位置情報だけで160,000ポイントをログ可能。

 
bp1.jpg

12_20100203121552.jpg  

上記4点セットが34,800円

あとはインターネット環境のあるパソコンがあればOK! 

 ?質問 申し込み


ブラックボックス P‐1は、グーグルアース上に設定間隔ごとに黄色いピンで軌道を表示します。黄色いピンをクリックすると年月日/時間/スピードなどが表示されます。何月何日にどの道を通り何処へ行ったか一目瞭然です。

例えば、「最近外出が多くなった」

「休みなのに出勤する」

「自分で尾行してみたが失敗した」

「とにかく何処に行っているか知りたい」

「お金をかけず調べたい」

このようなお悩みでご購入されている方一度おためしになってはいかがですか?

ブラックボックス P‐1は、対象車両を見失うことなく対象車両の行動を記憶し貴方に報告します。

もう貴方に嘘はつけません!優秀なGPS探偵ブラックボックス P‐1があれば!

下の画像はグーグルアース上に印された黄色いピンです。車が移動した道路上にピンが印されています。

長時間同じ場所に停車すると黄色いピンが無数に印されます。

3.jpg  4.jpg

5.jpg 

上の画像からは「東京ディズニーシー」の駐車場に長時間駐車していたのがわかります。

 

ピンを選びクリックすると、レコード番号/年月日/時間/スピードなどが印されます。

下の画像からは、2009年2月24日10時1分3秒と印されおり、この時間に「東京ディズニーシー」の駐車場に入ったことが確認できます。

6.jpg

 

下の画像からは、2009年2月24日18時26分29秒「東京ディズニーシー」の駐車場から出たことが確認できます。

7.jpg 

 

道路の往復まで記憶!

「首都高速湾岸線」の往復の軌跡です。レコード252は、2009年2月24日9時51分53秒と印し、

レコード1441は、2009年2月24日18時31分43秒と印されています。

ブラックボックス P‐1は誤差も少なく正確に記録していきます。

8.jpg 

一人で悩まず、まずは一歩踏み出してみてはいかがですか?

これがあれば!

?質問 申し込み

携帯電話でリアルタイム追跡できる、GPS車両追跡装置のレンタルもお問い合わせ下さい。


総合調査プラウドリサーチテック

千葉県千葉県千葉市中央区登戸1-15-32

キャピタル登戸ビル6F

TEL:043-441-8810

FAX:043-441-8815


建物の中、周りにビルが建っている場所、山林内、トンネル内などではGPS情報が微弱と

なるため、GPS機器がGPS信号を受信できない、または精度が劣化する場合があります。

GPSから4個以上の信号を取得していても、上空が遮蔽されている ことにより精度が大きく落ちる場合があります。

GPSとは 【全地球測位システム】
Global Positioning System

 GPSとは、人工衛星を利用し地球上のどこにいるのかを正確に割り出す優れたシステムです。
これは米軍の軍事技術の一つで、地球周回軌道に30基程度配置されており人工衛星が発信する電波を利用し、受信機の緯度・経度・高度などを数cmから数十mの誤差で割り出すことができます。

米国防総省の管理するGPS衛星(正式名称「NAVSTER衛星」と呼ばれる)は高度約2万kmの6つの軌道面にそれぞれ4つ以上、計24個以上が配置され、約12時間周期で地球を周回している。約7年半で寿命を迎えるため、毎年のように新しい衛星を打ち上げて軌道に投入しており、概ね30個前後の衛星が常時運用されている。GPS衛星は高性能の原子時計を内蔵しており、1.2/1.5GHz帯の電波で時刻を含むデータを地上に送信しております。

 衛星の発信する電波に含まれる時刻データは暗号化されたものと暗号化されていないものの2種類があり、暗号化されたデータは米軍しか利用することができない。誤差は数cmから数十cmと言われており、精密誘導兵器などに利用されている。民生用に利用できるものは暗号化されていないデータで、故意に精度が落とされているため誤差は数メートルから数十メートル程度となる。誤差をより小さくするために、正確な位置の分かっている地上の基準局から電波を発信し、これを利用して位置情報の補正を行なう「DGPS」(Differential GPS)という技術が実用化されており、誤差を数mに縮めることができます。


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.proud-no1.net/tb.php/46-5b61cc9a