小型GPS発信機 日本初の小型GPS追跡発信機 

 小型GPS発信機です!カバンにも入る小型でリアルタイムに検索できるGPS発信機が
販売開始しました。小型ですのでカバンや自転車、バイクにも
装着できるGPS発信機を購入できるようになりました。

 今、小型GPS発信機で浮気調査や素行調査をご自分で調べる方が増えています。
調査会社に調査を依頼すれば1日 6時間程度の調査で4万円~10万円、7日も調査をすれば
30万円~100万円前後、業者によっては100万円以上請求されるケースも少なくはありません。
そんなに調査費用をかけても空振りすることもあります。これでは大切なお金を溝に捨てるような
ものです。
高性能小型GPS発信機を使いご自分で調べてみてはいかがですか?
小型GPS発信機を購入すれば何回でも調べることができますので経済的で確実に結果が出せる
でしょう。


カバンに入る小型リアルタイムGPS発信機


リアルタイムGPS 「PMD-065」は、

ターゲットの現在位置をリアルタイムに検索できます。

現在位置検索、リアルタイム異常検知通報装置

とGPSを小さな筐体に備えた日本初の画期的な商品です。

ターゲットの車を探すためのGPS端末は入手することが可能ですが

現在地を知ることしか
できないなど機能が限定されたものや

高価なものが多いのですが、
「PMD-065」のGPS機能は

現在地を知ることにとどまらず、

相手の位置と自分の位置をスマートフォン上に同時表示する

機能がありターゲットの追跡に役立つ機能があります。

また過去のデータも見ることも
出来る優れものです。

「PMD-065」は小さな筐体にこれらの機能を封じ込め低料金で

ご利用できる
日本初の画期的なGPS機器です。


高性能GPS発信機で追跡  


小型GPS発信機 PMD-065

34,000円(税別)

小型GPS発信機購入

1年間使い放題!

GPSレンタルより断然お得!

1ヶ月なんと4,000円弱!


小型、GPS、カバン、自転車、リアルタイム、発信機

本体に黒のビニールテープを巻けば目立たなく隠せます。

(ビニールテープを巻く際、本体をラップで巻き保護して下さい)



小型GPS発信機 PMD-065

34,000円(税別)



小型リアルタイムGPS発信機 PMD-065のご注文は

        

gps-order.jpg


小型のGPS発信機 PMD-065注意書き
 



お届け安心超小型GPS発信機 

PMD-065GPSシステムの概要

スマートフォンでもパソコンでもすぐに利用可能

お手持ちのスマートフォンやパソコンからログインサイトに入り、
ご利用者ごとの決められた【ログインID】と【パスワード】を入力すると
メニュー画面が現れ、実行したい項目を選択します。

小型GPS発信機-メニュー


ターゲットは今何処に?

リアルタイムに検索

画面から探す対象端末を選び【位置検索】ボタンを押すだけ。

小型GPS発信機カバンでもOK-今どこに-1


自転車に取り付け可能GPS発信機-2

10秒~30秒ほどで地図上にターゲットの現在位置が表示されます。

1.地図は拡大、縮小、移動が簡単にできます。
2.地図上の番号(ターゲット)をタッチすると、検索日時、住所などが表示されます。
3.【ストリートビュー】ボタンを押すと近傍地域の風景を写真で見ることができます。



ターゲットが動いたらメールで即座に通知


移動見守り

見守りしたい端末を選択し【現在の位置で見守り開始】を押すと移動見守りが
スタートし15分間隔で車の位置を即位し見守ります。

車が移動したことを感知するとメールで即座に通知します。

【解除】を押した時や車が指定場所を出た時に見守りは終了します。
現在見守り中の横には【設定中】と表示されます。

カバンに隠せる小型GPS発信機

この機能は便利で役立ちます!
カバンに入るGPS発信機-移動見守り

カバンに隠せる小型GPS-移動見守り


接近・侵入みまもり


接近・侵入みまもりをスタートさせる場合は、車を選択し、振動の感度を5段階から
選び、【振動検知開始】を押した下さい。
設定した感度以上の振動を検出するとメールで即座に通知します。


カバン、自転車、バイク、車、GPS発信機

高性能小型GPS発信機で浮気調査
カバンに隠せるGPS発信機


ターゲットを追跡!・・・見失いません!

【追いかける】が追跡を安全にサポートします。


画面から探したいGPS端末を選びます。
次に検索間隔指定を行います。最短間隔1分で検索することが可能です。

次に結果を表示する時に音を出すかどうかをセットします。ONにすると
音がしたときだけ結果を見ればすむので運転中でも安全です。

次に自分の位置を同じ画面に表示するかどうかをセットします。
ONにすると同じ画面上に自分とターゲットの場所が同時に表示され、
さらに相手との直線距離も表示されます。

停止ボタンを押すまで検索し続けますので相手の車を見失うことなく追跡できます。

小型GPS発信機を購入ならPMD-065

ターゲットを追跡・尾行するのに役立ちます。



あの日、何処に!・・・正確に記録しています。


過去のデータを見たい場合は、見たい期間を指定して【検索】ボタンを押すと
一覧が表示されます。一度に新しいものから10件づつ表示されます。

31日前までのデータを保管しておりますので、期間を指定すればその間の
データをいつでも見る事ができます。

31日前からの移動履歴を調べるのに大変便利です。

小さいGPS発信機

貴方のGPSシステムを支えます!


GPS端末の電池容量が少なくなって来たり、電源がOFFになった時に
メールで通知しますので、電池切れで見守りに失敗することを防げます。

購入できるリアルタイムGPS発信機



小型GPS発信機 PMD-065

34,000円(税別)

小型リアルタイムGPS発信機
PMD-065のご注文は

        

gps-order.jpg



 
  
小型のGPS発信機 PMD-065注意書き

お届け安心超小型GPS発信機


【備 考】

1.第三者の人権を侵害する行為、法令に違反する行為での ご利用を禁止します。
2.記載の内容は予告なしに変更することがあります。


【お客様の声】

茨城県 男性 40歳代 ご購入機種:PMD-065

最近外出することが多くなった妻を

怪しく思い、
GPSレンタルを利用して

行動を調べようと思いましたが


GPS
発信機を購入し調べることにしました。


私自身日中は仕事をしている為、携帯で確認

することが
できないのですがPMD-065

スケジュール検索ができ、
検索を自分で

しなくても設定どおりに検索してくれます。


また、振動センサーで車が動き出すと

メールで知らせて
くれるので助かりました。

何より小さい!

GPS
レンタル機種より精度がよく何処にいる

か一目瞭然です。


トータルで考えると
GPSレンタルより安く済み


機能や精度も満足できるものでした。


PMD-
065を使い問題が解決して使って

本当に良かったです。


大阪府 男性 50歳代 ご購入機種:PMD-065

PMD- 065を選んでよかったと思います。

このGPS発信機には振動センサー


など役立つ機能も付いていて便利です。


精度も抜群に良くピンポイントで

表示してくれます。


小さいので何処にでも忍ばせることができました。


神奈川県 男性 
50歳代 
ご購入機種:PMD-065

妻が浮気しているようで現行犯で浮気現場を

突き止めたいと思い購入しました。


探偵に浮気調査の見積もりを出して

もらったら、
15日間の浮気調査で
140万円

とあまりにも高額で、探偵に調査を依頼する

のは断念しました。


GPS
発信機で浮気を調べる期間が長くなって

しまうとレンタルだと高額に
なってしまうと思い、

販売している性能の良いリアルタイム
GPS発信機

探していたらPDM-065を見つけ購入しました。

私は、パソコンが苦手なのでスマホなどで簡単に

検索できるものを選びました。


この
GPS発信機は、1年間通信料などは一切かからず

役に立つ機能も充実


していてコストパフォーマンスは最高だと思います。


精度もビックリするほど良い
GPS発信機です。



埼玉県 女性 
40歳代 
ご購入機種:PMD-065

今までリアルタイムGPS発信機のレンタルを

延長して利用してきましたが、


ネットで小型GPS PMD-065を見つけ購入しました。

月で割ると1ヶ月4,000円弱で利用でき

GPSレンタルより安いと思います。


精度や機能もGPSレンタルの機種より

良いので助かります。


北海道 男性 50歳代 
ご購入機種:PMD-065

今まで他社のGPS発信機を使用していました

がPMD-065に買い換えました。

他社のGPS発信機より性能は良くドンピシャ

で見つけることができました。


福岡県 女性 20歳代 
ご購入機種:PMD-065

婚約者の行動に不信を感じPMD-065を購入。

結果、他に付き合っている女性が存在して

いることが判明しました。

友人に頼み、付き合っている女性のマンション

に出入りするところの証拠写真を撮ってもらう

ことに成功しました。

その後、弁護士に依頼し婚約破棄、慰謝料

150万円を受け取りました。

結婚前にわかり良かったと思います。

証拠写真の撮り方などプラウド様のご担当者に

お教えいただき助かりました。

有り難うございました。


愛知県 女性 30歳代 
ご購入機種:PMD-065

夫が出張と嘘を付いて栃木の温泉に旅行に

行っていました。

これから色々な証拠を集めたいと思っています。


香川県 女性 40歳代 
ご購入機種:PMD-065

このGPS発信機で浮気調査をしましたが、

浮気相手の事など様々な事がわかりました。


兵庫県 男性 60歳代 ご購入機種:PMD-065

社員の行動を見るために購入しました。

会社の商品を横流ししていることが判明。

早い時期に対応できて助かりました。

他社のGPS発信機より精度がよく、

使える機能は役に立ちました。




他にも様々なGPS発信機を取り扱っております。

各種GPS発信機紹介ページ


【浮気とは】


まず辞書でどのような説明がされているか紹介します。

うわき(浮気)は次のように説明されている。


・心がうわついていること。心が落ち着いておらず、変わりやすいこと。

・心が浮ついて、思慮に欠けること。

・一つのことに集中できず心が変わりやすいこと。

・多情なこと。 / 異性に心をひかれやすいこと。

・他の異性に心を移すこと。

・配偶者・婚約者などがありながら、他の異性に気がひかれ、関係をもつこと。

・陽気で派手な気質。浮かれて陽気になるさま。

 また、そうなりやすい 気質。

 

「浮気」の基本的な意味としては、気持ち(意識)というのはひとつの対象に向いて

集中しているほうが望ましいのにもかかわらず、その気持ちが他の対象に向いてし

まう状態のことを言っているわけである。

「浮気」というのは、基本的に心の状態や性質を指しているのであって、必ずしも

男女間のことばかりを言っているわけではない。


心がうわついていること

心が落ち着いておらず、変わりやすいことである。『五輪書』には「敵浮気にして事

を急ぐ心の見ゆる時は...」という表現がある。武芸の場において武芸者の心の

状態(あるいは決闘などの場において剣士の心の状態)が定まっておらず、ゆれる

ことは「浮気」なのである。

 
ひとつの対象に集中できない状態

例えば、Apple社のMacintoshを大切に思ってそればかり使っていた人が、ある日

ふとWindowsを使いたくなって半年ほど使い、今度はiPadばかりを使い、3カ月

たったらAndroidタブレットばかりを使うようになった、というような心の状態は

「浮気」である。

「野球が好きだ」と言って小学校の6年間やってきた少年が、中学に入学して

「サッカーが好きになった」と言って、サッカー部に入り、野球をしなくなって

しまったら、これも「浮気」である。

 
交際関係のこと

交際関係のことであっても、「浮気」という意味の基本は変わっていない。

心の向かう対象(意識を向ける対象)がひとつの存在に定まっておらず、

他の対象にも向かってしまう状態 を言っているわけである。

交際関係がどのような段階にあるかということによって話は異なるのでそれぞれ

解説する。


恋愛関係にある男女の場合

恋(恋愛)の段階での浮気という行為、感情がある。

恋愛のごくごく初期の段階

特に、恋愛状態になってからの期間が短ければ短いほど、「浮気」は赦してもらえる

可能性は高い。例えば、AさんがXさんに「あなたを好きになったみたい」

「君が好きだ」などと言った 3日後に、「3日前の発言は忘れて。その後Yさんと

会っていたら、Yさんのほうが好きになっ た」というような場合は、比較的赦されや

すい。特に、恋愛対象についての見解がしっかり定 まっていない若い人、特に中学生

や高校生では、心はフワフワと浮ついていることはざらであ り、(それどころか、

若い人では、ある「気持ち」が起きても、それが生まれて初めてのことだと、

自分の心の動きがよくわからない、ある人のことを自分は本当に「好き」なのか、

ある状況になれば誰に対しても同じ気持ちを持つような そんな程度の心の動き

なのか、まだよく自分の心 の反応の癖も分かっていない、ということもしばしばな

ので、若い人は心がコロコロ変わり、 フワフワ動きつづけているのがごく普通なの

で)年若い人では「浮気」は非常にしばしば起きる ことなのである。であるので、

そういう段階で「浮気」が起きたとしても、(結果として、青春なり の感情の起伏

は起き、当人としては「甘酸っぱい」あるいは「ほろ苦い」思い出として残る出来

事になるとしても)基本的に、大問題になるということは無い。 この段階の「浮気」

は、多くの国での法的にはまったく問題とはされない。

 
初期段階を過ぎた段階

 例えば、AさんがXさんのことを恋していたのに(一番好きだ、とか愛していると

思っていたのに)、ある日Yさんと会って話しているうちにYさんのほうが好きだ

(愛している)、などと思い始めたら、 これが「浮気」である。「浮気」をして

いる当人にとっては、心を向けている対象がXさんからYさん に変わり、そのことだ

けに意識が向いているので、とりあえずは大した問題は感じられない。

だが、「恋されていた」あるいは「好かれていた」Xさんにとっては、心理的に起き

ることはAさんとは大きく異なる。「この人は自分だけを好いてくれている」あるいは

「この人は、自分を(他の人より) 好きだ、一番好きだと思ってくれている」と

思っていて、それによって幸福感を得ていたり、安心感 を得ていた場合、ある日、

Aさんが自分だけを好いていてくれているわけではない、とか、Aさんは 自分より

むしろYさんのことのほうが好きなようだ、と気付かされると、幸福感や安心感が

幻のよう に消えてしまい、多くの場合、ひどくつらい思いをするわけである。

Xさんの心に、Yさんに対する 嫉妬が生まれることもある。 この段階でも「浮気」

は法的にはまったく問題とされない。

 

恋愛で深い関係になった段階

キスや性行為をするようになった交際関係の場合で、ともかく一旦でも、カップル

のどちらかが「わたしたちは、気持ちが強く結びついている」と思うようになった

カップルで、特に「相手の気持 ちは自分に定まっている」と期待している状態に

なっている段階では、そう思っている人の相手 方が「浮気」をすると、感情的には

さまざまな問題が起きることになる。落胆や怒りといった気持 ちが生じるのである。

怒りの程度によって、様々なことが起きうる。 だがこの段階でも「浮気」は、

法的にはまったく問題とはされない。

「あなただけを愛す」などと宣言した後の段階

さらに進んで、カップルのどちらかが「あなただけを愛す」とか「君だけを愛す」

などと宣言すると、さらに別の段階になる。恋愛の段階での「あなただけを愛す」

とか「君だけを愛す」という言葉は、 言語的に言えば「約束」の意味内容を持って

いる。《愛》というのは、法的には扱えず(金銭や雇 用関係のようには、法律のとら

える対象になっておらず)よって「あなただけを愛す」とか「君だけ を愛す」は法的

には契約には当たらず、結果として、法的に何も強制力を持たない。だが人間は

法的な次元だけで生きているわけではなく、人と人の「心のつながり」によっても

生きている。さらに言えば、法的な関係よりも、むしろ法的ではない「心のつながり」

「心の関係」のほうが、社会で は重要な役割を果たしていることは多い。したがって、

「あなただけを愛す」とか「君だけを愛す」と 言えば、法的な次元はともかくとして、

人間として心(心情)の次元では はっきりと意味のある 「約束」をしたことになる。

そういう約束をしておいた後で「浮気」をすると、心の次元では、「約束を 破った」

と判断されるのは、ある意味当然のことなのである。この段階で「浮気」された側は、

一般 に、「だまされた」「あの人は私をだました」「裏切られた」と感じ、恨む気持ち

が生まれることが多い。

この段階での「浮気」は、しばしば、「喧嘩沙汰」や「刃傷沙汰」になる。つまり

「浮気」をした人が、「浮気をされた」と感じている人から、ののしられたり、

ひっかかれたり、平手打ちされたり、殴られた り、場合によっては、ナイフや包丁を

持ち出されて切りつけられることも起きるのである。

この段階の交際関係での「浮気」は、(「あなただけを愛す」という「約束」に

関しては、法律は何ら関与しはしないのだが)その約束の結果生まれる愛憎に

よって「喧嘩沙汰」「刃傷沙汰」まで起き ると、そこに関しては法律の扱う範囲と

なってくるわけである。

周囲からも広く公認される段階にいたった恋愛の状態の場合

さらに進み、交際関係が数年も続いており、周囲の人たちにも公認されているような

状態で、当人たちも周囲の人たちも「当然、じきに婚約することになる」と思ってい

る状態で、そういう 前提のもとにさまざまな人生の「段取り」のようなもの

(進路選択や、職業選択や、退職の 段取りなど)がすでに進行している状態で突然

他の異性に「浮気」すると、浮気をした人に対 しては、(法的な問題はともかくと

しても)「道義的には大いに問題がある」とか「人間性に問

題がある」という評価が下されるのが一般的である。

この段階での「浮気」は、「浮気」をされた人を、社会的にかなり追いつめる

結果になるので、やはり怒りや恨みが生じることが一般的で、「喧嘩沙汰」

「刃傷沙汰」になる可能性がさらに 高くなる。


婚約段階にある場合


婚約をした場合は、恋愛の段階とはかなり話が異なってくる。当人の間に契約に

準ずるようなものがある、とみなされる可能性があるのである。「婚約は何ら方式

を必要としない不要式行 為である」とする判例があるのである

(最判昭38・9・5民集17巻8号942頁)。(法律に関する 学説上は、

「確実な合意で足りる」とする学説と「公然性が要求される」とする学説があり、

見解は割れているが、「学説」はともかくとして)実際の実務としては、婚約と

いう約束(契約、あるいは契約に準ずるもの)を破ると、それは法的に見ても問題

がある行為だとされる可能性 があるわけである。(ただし、結納あるいは婚約指輪の

交換をしていないと、法的に見ると確 実とは言えないので、婚約を「あてにしよう」

とする人はその点に要注意である。)

特に、結納や婚約指輪を交換していると、それは婚約が成立している証明となり、

結納や婚約指輪交換を行ったあとで、「浮気」を行い、その結果、婚約の不履行と

いう事態になり、それが 問題として扱われるようになった場合においては、

(法的に見ても、婚約が成立しているという 証明があるわけなので)ほぼ確実に

法的に問題として扱われることになる。裁判になれば、 金銭的な賠償を命じられる

可能性は十分にある。

婚約段階で「浮気」をし結婚を拒絶すると、法的な意味での契約不履行と、

「人の心」の次元での約束を破っている、という二重の意味で「あざむき」ないし

「裏切り」をしていることになる。 一般に、 婚約段階までいった当人のどちらかが

「浮気」をすると、浮気をされた相手には、一生残るような 深い深い心の傷

(トラウマ)が残ることになる。(婚約までしておいて「浮気」をされる、

というような 重大な裏切り行為をされておいて、それを忘れられるような人は、

この世にはまずいない、と思った ほうが良い。やられた人は、それを一生の間に、

何千回も何万回も繰り返し繰り返し思い出す、と 思ったほうが良い。それどころか、

その人は、毎日毎日、寝ていても覚めていても、裏切られたこと を、心の真ん中で

反芻しつづけながら生きてゆくことになる、と思ったほうがよい。)婚約者から裏切

られた人の多くは、しばしば心の深い傷が原因で、他人を信用することができなく

なり、結果として交際したり結婚することがまったくできなくなってしまう。

つまり婚約者がいながら浮気をする、とい うことは、大抵の場合、相手の人生を

ひどく破壊してしまうのである。

(人はしばしば、配慮が足らず、ものごとを甘く見すぎて馬鹿なことをしてしまう

わけであるが)婚約をしておいてから、気の迷いが生じ、浮気をする/しない という

分かれ道にいると感じる人は、自身 の心のありかたや行いが、婚約者のその後の長い

人生にどれほど深刻なダメージを与えてしまう ことになるのか、あらかじめ思い描き、

誰かの人生を破壊してしまった場合、果たして そんな身勝手 なことをしておきながら、

道義的に赦されて、自分だけは都合よく幸せに生きていけるほどに人間社 会という

ものは甘くできているのだろうか? と、よくよく熟考してみる必要があるのである。

裁判で法的に扱われ、金銭的な賠償だけで済めば、まだ良いほうである。「人の心」

の次元で、人をひどく裏切れば、相手がよほど「できた人」(耐える人、我慢する人)

でなければ強く恨むことになり、 程度がひどければ殺意などを持つことになり、

そうなれば刃傷沙汰になることもある。実際、殺されて しまった人もそれなりの

数いる。裏切られた側の親が、浮気をした者を殺してしまった事例もある。


既婚者の場合

気持ちだけの「浮気」と、肉体的な行為が伴う「浮気」では、法的な扱いが異なる。

結婚している人の場合、法的に言うと、当人の配偶者以外の人とみだりに性的な関係

を持ってはいけない、ということになっている。いわゆる「貞操義務」と呼ばれている

ものであり「守操義務」 「誠実義務」などとも言う。これは、両人についても適用

される。

既婚者が「浮気」をした結果起きることは、ケースバイケースでさまざまである。

ひとつは、とりあえず法的には婚姻状態のままで夫婦の人間関係が冷めてしまう、

という場合がある(いわゆる「家庭 内別居」など)。ひとつは、配偶者から「離婚」

を切り出されるという場合がある。他には、暴力を振るわれる、という場合がある。

他には、殺意を抱かれて浮気した者が殺されてしまう、という 場合もある。また、

「浮気の相手」に危害が加えられたり、あるいは殺されてしまう、という場合もある。

それぞれ、かなりの長文での説明を要するほどの複雑なことが起きる。
 
離婚を切り出される場合について解説すると、 結婚をしている人が、配偶者以外の

人と「浮気」をし、性的な行為まで行うと、法的にはその「貞操義務」や

「守操義務」に違反した、と見なされ ることになり、様々な不利益を被る可能性は

ある。例えば、配偶者から離婚を申し立てられ裁判 になれば、すんなり離婚が成立し、

しかも「浮気」をした側に「瑕疵」「落ち度」があったとされ、金 銭上の条件や他の

条件について、不利な判決が出る可能性は高くなる。
 
子供がいる両人が離婚をするとなると、親権の問題が関係してくるが、既婚者が

「浮気」をしたとなると、「人間性に問題がある」「親としても不適格だろう」

などと裁判官が判断することにつな がりがちで、結果として、相手側のほうが

「親として、より適格」と判断され、結果として「浮気」 をした側は親権

(監護権)を得ることができず、子供を自分の手元で育てたくてもそうさせても

らえ なくなってしまう可能性が高くなる。

 
 
ウィキペディア 百科事典より


【不倫とは】

由来

TBSのテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」(1983年)が、「不倫」という言葉を「男女間の不義密通」という意味に変化(固定)させたきっかけと言われている。それ以前のテレビドラマでは「よろめき」(主として、夫のある女性が、他人の男性に心を寄せる)という言葉が一般的に使われていたが、「不倫」という言葉が定着して以降はほぼ死語になっている(なお“よろめき”は三島由紀夫が1957年に発表したベストセラー小説『美徳のよろめき』に由来する)。

語誌的には、(名詞以外の用法としては)形容動詞の語幹として「不倫な/不倫だ」といった使い方をするのが本来の用法であり、サ変動詞の語幹として「不倫する」という形では使われることはなかった。つまり、従来「不倫」とは様子・状態を表す言葉であり、行為・動作を表す言葉ではなかったといえる。しかし、上記の金曜日の妻たちへ辺りをきっかけとして「不倫する」という言葉が世間で広く使われるようになり、現在では一部の辞典に載るまでになっている。

代償

単に夫や妻のいる男性や女性が男性・女性(既婚・未婚は不問)とデートするなどの浮気で、相手方の合意があれば犯罪行為とされないため、刑事罰に問うことはできないが、道義的に問題のある行為であり、その代償は非常に大きい。つまり、現在の社会としては、不倫に刑事罰を与えるほどの問題ではないと判断している。しかし犯罪でないとはいえ、家庭や友人関係を一気に崩壊させる危険をはらみ、経済的・精神的に深刻な打撃を受け、社会的信用はもとより、自身の社会的な基盤すらをも失う可能性がある(旧刑法だと姦通罪で罰せられることもあった)。

不倫は民法第770条の離婚事由に相当し、家庭崩壊の場合は配偶者に訴訟を起こされることがあり、慰謝料などの民事責任に問われることになる。実子がいる場合は、年齢に関係なく心を激しく傷付けトラウマを植えつけてしまいかねない。子供が心身を激しく傷つけられた場合には不倫をした本人の配偶者からだけでなく、子からも訴訟を起こされることがある。 重婚的内縁関係に於いては、実子を邪魔な存在と感じて児童虐待に及ぶケースがある。

関係の解消の際には、今までの関係を暴露すると脅されたり、口止め料や手切れ金を要求される場合もあるため、これらのトラブルも代償とされる。

他方、芸能人などはスキャンダルとしてバッシングを受け、政治家などにいたってはイメージ悪化に繋がり、潔癖な人間からの支持を大幅に失う。ただしお国柄によってはスキャンダルとはならないこともある。

歴史的背景

古代日本においては、一夫多妻制の上に招婿婚(妻問婚)という社会制度のため、夫が妻(正室)の家にいつもいるわけではないこともあり、夫が他の女性の家へと行っている時には別の男性が来ることもあったらしく、また男性が恋人の女性の家へと行くと、すでに他の男性が来ていたということもあった(『古今和歌集』に収録されている歌にも、多くその時に歌われたと思われるものがある)。ただし、その夫や恋人がそのことに対して声高に訴えたり、ましてや公にすることは、面子もあって滅多に無かったようだ。

平安時代では、やはり男は多くの女の元へ通うのが常識であり、一人の女性しか愛さない男は真面目人間として軽く見られた。しかし人の妻を奪うことは非常識とされ、世間の非難を浴びた。

鎌倉時代には、御成敗式目第34条において不倫密懐に関する処罰が規定され、不倫は所領半分没収の上職務罷免とされ、武家文化の中で厳しく処罰される端緒となった。御成敗式目は戦国・江戸時代を通じて各家法に強い影響を与え、武家法の基礎となった(「密懐法」を参照)。

これに対し、庶民の性風俗に関わる明確な取り決めは見られず、近世(江戸時代)以前には配偶者以外との性交渉は珍しいことではなく、近代に入っても戦前では特に農村などではその風潮が一部に残っていた。その一方では寛保2年の公事方御定書47条には不義密通を死罪とする重罰規定が見られるなど、かならずしも当時の真相を覗わせる研究に一貫性はみられない。

近代に入ってからも近年まで、「浮気は男の甲斐性」などと既婚男性が未婚女性と不倫にいたる限り、容認する風潮が長く続いていた。当時既婚男性が未婚女性を愛人に持つことは容認されても既婚女性が浮気をすることは容認されないとされており、既婚女性が不倫に及んだ場合1947年までは男女とも姦通罪という罪に問われた(現在の日本の法律では刑事的責任を問われることはない)。

近年になってからは、恋愛感情と結婚生活を一体のものと考えるロマンチック・ラブの思想が男女双方に受け入れられ、不倫を罪悪であると考える者は男女問わず多い。しかし、現在の日本では、年長の富裕な既婚者とそれより年下の未婚者による不倫の存在がよく語られる。また、明確な統計こそ存在しないものの既婚者同士の不倫についてもよく語られる。

法律上の不倫

日本の法律上、不倫は「不貞行為」(貞操義務の不履行)という。

  • 夫婦がお互いに他の異性と性的交渉を持たない義務に反する行為である。
  • 一度きりの性的交渉も不貞行為とされるが、離婚理由になるには反復的に不貞行為を行っていることが必要とされる。
  • 男女間の密会が性的交渉を伴わない場合は「不貞行為」にはならない。

イスラム法の不倫

イスラム教国では不倫を重罪と考えており、イスラム法(シャリーア)にはジナという不倫の罪があり刑罰は極めて重く、死刑になることもある。


不倫にまつわる有名な発言

・石田純一 - 1996年10月、ゴルフ場でインタビューを受け「文化や芸術といったものが不倫から生まれることもある」と発言。これが「不倫は文化だ」と発言したと評されたが、不倫を正当化している、と批判があった。
・森本レオ - 「メシ友」「異文化交流」などの言葉を残した。

・樋口可南子 - 1982年、糸井重里との不倫が発覚した際「妻子ある人を好きになったんじゃありません。その人にたまたま家庭があっただけです」とコメントしている。後年、糸井は妻と離婚し、1993年に樋口と再婚。不倫関係は10年以上に及んでいる。

・石原真理子 - 1985年、玉置浩二との不倫が発覚し、会見で「子供のような恋をしています」とコメントした。この時、一筋の涙を流した姿は「美しすぎる不倫会見」と話題になった。なお石原は後に玉置と復縁し、2009年2月25日に婚約した。しかし米国人の前夫との結婚が解消されておらず、婚姻届は受理されていなかった。同年9月に玉置とは破局状態となった事が報じられた。

・西舘好子 - 自身の不倫が原因で夫・井上ひさしと離婚した際、会見にて「自分に正直に生きたい」と発言。この言葉は流行語にもなった。なお西舘が不倫へと至った理由は、井上ひさしからの度重なるDVが原因とされている。(井上ひさしの項も参照)

・フランソワ・ミッテラン (フランス元大統領) - 「Et alors?(それがどうしたの?)」。妻以外との女性問題について質問した記者に対し、応えた言葉(関連…エ・アロール それがどうしたの)。

・ビル・クリントン (アメリカ元大統領) - 「ルインスキーさんと不適切な関係を持った」 ( I did have a relationship with Ms. Lewinsky that was not appropriate. ) 。1998年に起こったモニカ・ルインスキー事件で、共和党から弾劾訴追を受けて、そう告白せざるを得ない状況に追い込まれた。この「不適切な関係」は同年の流行語となった。

・葉月里緒菜 - 1995年、映画『写楽』で共演した真田広之との不倫が報じられ、『週刊朝日』誌上でのインタビューで「恋愛相手に奥さんがいても平気です」と語った。後に真田が当時の妻・手塚理美と離婚するなど、「魔性の女」と呼ばれ、以降バッシングを受けることになる。

・長渕剛 - ドラマ『しゃぼん玉』で共演した国生さゆりとの不倫が報じられたが、これに対し「自分は一般常識の範囲外で生きている」と発言。

・ジャッキー・チェン - 1999年に香港女優の呉綺莉(エレイン・ン)と不倫の末、娘の呉卓林(エッタ・ン)が生まれており、この騒動の際に語った「世界中の男性が誰でも犯す過ちを犯してしまった」という言葉が話題となった。

・浜田雅功 - 2014年6月、吉川麻衣子との不倫が『フライデー』で報道された際、「常日頃、妻は「芸人はモテなくなったら終わり、家族に迷惑をかけない遊びは大いに結構」と言ってくれていましたが、その言葉以上に羽を伸ばし過ぎ、その羽は、家族にへし折られました」とコメントした。

・6代目三遊亭円楽 - 2016年6月、『フライデー』にて40代女性と錦糸町のラブホテルへ入ったと報じられる。釈明会見で不倫関係を認め、報道陣の要求に応じて「今回の騒動とかけまして、東京湾を出て行った船と解きます。(その心は)“航海(後悔)”の真っ最中です」と謎かけを披露した

・三代目 中村橋之助(現・中村芝翫) - 2016年9月、『週刊文春』に京都市の芸妓との不倫が報じられ、会見にて「私の不徳の致すところ」という言葉を7回繰り返した。また妻の三田寛子は取材に対し「(離婚は)ないでーす」とコメントしている。

・ベッキー・川谷絵音 - 2016年1月、既婚者である川谷とベッキーが不倫関係にあることが発覚。LINE上で離婚届のことを「卒論」と称したり「友達で押し通す予定!笑」とやり取りした他、『週刊文春』がスクープしたことに対し「堂々と交際できるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」「センテンス スプリング!」といった文面が報道された。一連の報道から発生した「ゲス不倫」「センテンス スプリング」「文春砲」という言葉は流行語にもなった。

 


浮気率ランキング

浮気率が高い都道府県は!


1 島根県 26.5%

2 富山県 26.2%

3 三重県 25.6%

4 兵庫県 25.4%

5 東京都 25.0%

6 熊本県 24.1%

7 山梨県 23.9%

8 佐賀県 23.7%

9 長野県 23.6%

10 岐阜県 23.3%

11 奈良県 23.0%

12 群馬県 22.9%

13 愛知県 22.7%

14 福岡県 22.7%

15 長崎県 22.7%

16 石川県 22.6%

17 福井県 22.1%

18 高知県 22.1%

19 京都府 22.0%

20 大分県 22.0%

21 沖縄県 21.9%

22 鳥取県 21.8%

23 宮城県 21.6%

24 新潟県 21.4%

25 大阪府 21.3%

26 宮崎県 21.0%

27 山口県 20.8%

28 香川県 20.7%

29 岡山県 20.7%

30 徳島県 20.5%

31 青森県 20.3%

32 神奈川県 20.3%

33 福島県 19.9%

34 鹿児島県 19.7%

35 北海道 19.4%

36 愛媛県 19.3%

37 山形県 19.2%

38 和歌山県 19.2%

39 滋賀県 19.1%

40 岩手県 18.7%

41 茨城県 18.6%

42 栃木県 18.3%

43 埼玉県 18.0%

44 千葉県 17.6%

45 広島県 17.6%

46 静岡県 17.1%

47 秋田県 15.4%

 

 

相模ゴム工業株式会社調べ





カバンにも入る超小型GPS


























[ 2017/11/16 15:54 ] 小型GPS追跡発信機の販売 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.proud-no1.net/tb.php/235-9fb13646